成功談多数!1ヶ月で15キロ痩せるダイエット方法|男女別の食事メニュー例と運動なしのメニューも
funcity

信頼性検証済みページ

このページは信頼性の高い行政・公共機関、論文の情報をもとに構成されたダイエット情報を掲載しています。

このページは、funcityダイエット情報編集部によって情報元を詳細にチェックし、不明確さや間違いを排除しているページです。 行政・公共機関、論文以外の情報を引用している場合は、その信用性をチェックし、引用の可否を検証しています。

成功談多数!1ヶ月で15キロ痩せるダイエット方法|男女別の食事メニュー例と運動なしのメニューも

今回の記事では、1ヶ月で15キロ痩せる確実な方法を食事と運動の観点を中心に 網羅的に解説していきます。1ヶ月で15痩せるためには、単に食事制限や運動するだけでは間に合いません。 短期間で大きく体重を減らすための独自のアプローチが必要です。食事と運動の割合や、具体的な食事メニュー、運動メニューも分かるようになっていますので、 確実に1ヶ月で15キロ痩せたい人にぜひ読んでいただきたい内容となっています。男女別、年代別、体重別の 具体的な目標摂取カロリー、目標消費カロリーもあわせてご確認いただけます。

1ヶ月で15キロ痩せるには

1ヶ月で15キロ痩せるには、 理論上一日約3,600kcalを食事制限で減らすか、 運動で消費する必要があります。(脂肪だけで考えた場合)

体脂肪は1kgで約7200kcalですから、 15キロ痩せるためには、1ヶ月で合計108000キロカロリーをカットする必要があります。 この合計カロリーを1ヶ月つまり30日で割ると、 一日当たりに削減しなければならないカロリーが約3,600kcalになるということです。

これは老若男女、体重問わず同じです。

ただ1日で3,600キロカロリー減らすというのは現実的に不可能な数字です。つまり 脂肪以外にも減らせる水分量(むくみ)や老廃物、排便(宿便など)をトータルして15キロ痩せる必要があります。

1ヶ月で減らせるむくみの量(余分な水分)は?

今現在どの程度むくんでいるかによって水分によって減らせる体重は異なりますが、 仮に連日の飲み会などで塩分の多いものを大量に摂取して、かなりむくみがひどい場合は、 体内水分の1~3%程度のなら減らせる可能性があります。 むくみがひどい人では3日~4日で5キロ以上も増えることがあり、このことを考慮すると1ヶ月で体内水分量の1~3%を減らすというのは 十分可能な数字といえます。

1ヶ月で減らせる便の量は?

便に関しても、どの程度たまっているかによって、1ヶ月で減らせる便の量は異なりますが。 1日あたり200~250gの排便をするのが平均値であることを考えると、直近数日間飲み食いが多かった人に関しては、 300g程度の排便なら可能な範囲と いえるでしょう。

1ヶ月で15キロ痩せるために減らすべきカロリーは?

1ヶ月で減らせる水分量(体内水分量の1~3%)や便の量(300g程度)を考慮した場合、 1ヶ月で減らすべきカロリーは およそ68,040~93,240キロカロリーとなります。 1日あたりで計算すると、 2,268~3,108キロカロリー程度になります。
(元の体重によって減らすべきカロリーに幅があります。)

ただし、この数字は、どうしても1ヶ月で15キロ痩せたい人のために、脂肪以外の減少量も含めたものになりますので。 リバウンドの可能性は高くなります。あらかじめご了承ください。

ダイエット期間が終わって多少体重が戻ってもいいという人だけ読み進めてください。

今すぐダイエットスケジュールを立てたい人はこちら

1ヶ月で15キロ痩せると見た目はどう変化する?

15キロ痩せて、目標体重に到達したあなたの見た目がどのように変化するのか簡易的にチェックすることができます。

165
25

せきららダイエット体験談!

155cm女性
2ヵ月で55キロ⇒50キロまでダイエット成功!

※体験談はすべてfuncityが独自に有償で集めたものですので、 引用・転載する際は当サイトへの発リンクの掲載をよろしくお願いします。

1ヶ月で15キロ痩せる食事

1ヶ月で15キロ痩せるためには、 どの程度のカロリーカットが必要なのかを確認したところで、 ここからは、具体的なメニューを解説していきます。
まずは食事についてです。

食事と運動の配分については、運動がそこまで苦にならない人、運動はなるべくしたくない人で違いがあると思いますが、 最低限守りたい基準としては、食事量が基礎代謝を下回らないようにすることです。

食事量が基礎代謝を下回ると、ダイエット中に筋肉量が減りやすく、 ダイエット終了後にリバウンドする可能性が非常に高くなります。 せっかく痩せたのにリバウンドしてしまっては元も子もありません。「食事量は最低限、基礎代謝以上」これが鉄則です。

食事量を基礎代謝以上に設定したうえで、各体重ごとの1ヶ月で15キロ痩せる目標摂取カロリーは以下のようになります。

1ヶ月で15キロ痩せるための目標摂取カロリー

1ヶ月で15キロ痩せるための目標摂取カロリーは、現在の体重ごとに違います。 もともとの食事量や基礎代謝に差があるためです。
それぞれ確認していきましょう。

食事については、以下3つを確認していきます。

  • 1ヶ月で15キロ痩せるための目標摂取カロリー
  • 1ヶ月で15キロ痩せるための食事メニュー例
  • ダイエット成功者のリアルな食事メニュー、食事の工夫について(当サイトでアンケートを実施)

<1食分の目標摂取カロリー>

体重50kgの場合 体重70kgの場合 体重90kgの場合 体重110kgの場合
男性 448kcal 525kcal 602kcal 678kcal
女性 379kcal 455kcal 532kcal 609kcal

リンクをクリックするとさらに具体的な食事メニューを参照できます。

1ヶ月で15キロ痩せるための食事メニュー例

上記目標カロリーがどのくらいの量になるのか具体的な食事例で見てみましょう。

下記食事メニュー例は一食分の食事量です。

男性 体重50kgの場合 体重70kgの場合 体重90kgの場合 体重110kgの場合
1日の目標摂取カロリー 448kcal 525kcal 602kcal 678kcal
ごはん 1.0膳
(224kcal)
1.1膳
(262kcal)
1.3膳
(301kcal)
1.4膳
(339kcal)
①肉野菜炒めの場合 0.8人前
(224kcal)
0.9人前
(262kcal)
1.1人前
(301kcal)
1.2人前
(339kcal)
②納豆の場合 2.8パック
(224kcal)
3.3パック
(262kcal)
3.8パック
(301kcal)
4.2パック
(339kcal)
女性 体重50kgの場合 体重70kgの場合 体重90kgの場合 体重110kgの場合
一日の目標摂取カロリー 379kcal 455kcal 532kcal 609kcal
ごはん 0.8膳
(189kcal)
1.0膳
(227kcal)
1.1膳
(266kcal)
1.3膳
(304kcal)
①肉野菜炒めの場合 0.7人前
(189kcal)
0.8人前
(227kcal)
0.9人前
(266kcal)
1.1人前
(304kcal)
②納豆の場合 2.4パック
(189kcal)
2.8パック
(227kcal)
3.3パック
(266kcal)
3.8パック
(304kcal)

上記2つの食事メニュー例は、日本で食事をする際によくある主食と主菜の組み合わせパターンです。 1ヶ月で15キロ痩せるための1食の食事量はどのくらいかがなんとなく分かるかと思います。

上記組み合わせは、炭水化物、タンパク質、脂質の分量について厚生労働省の示すバランスを考慮した分量となっています。 これにプラスしてカロリーの比較的低い野菜や汁物、スープなどを組み合わせれば、上記食事メニューだけでは補うことのできない ビタミンやミネラルを補うことができ、 1ヶ月で15キロ痩せるための基本的な食事メニューになります。食事の豊かさも失われません。

意外と多いと感じる方が多いと思いますが、これ以上少なくしても体重の減りはほとんど変わりません。 仮に体重が落ちたとしても、見た目はほぼ変わりませんし、食事量を戻せばすぐに回復します。 むしろ激しいリバウンドが予想されるため、上記食事量は確保したほうが良いでしょう。

ダイエット成功者の実際の食事メニュー例

ここからは実際にダイエットに成功した方々のリアルな食事メニューを 教えていただきましたので、ご紹介いたします。

52歳男性 うしさんの食事
15kgのダイエットに成功

・一日の食事量800kcal ・食事内容 炭水化物を摂らず、たんぱく質と野菜中心。オイルはオリーブオイルにしてバターやコーン油を止める。 空腹感を感じないようボリュームたっぷり。低カロリーのスープを多用。どうしても空腹のときはリンゴを1個。 ・朝食なし、昼食5割、夕食5割 ・間食なし ・お酒を禁止 ・接種カロリー800kcalにするため、ダイエット本から1品あたり400kcal前後のレシピを2品選んだ。カロリーが少なくなってしまうときは適宜ヨーグルトやフルーツで調整する

27歳男性 ぐちおさんの食事
16kgのダイエットに成功

特に気をつけたことは、一日に摂取するカロリー量である。当時は一日を2000から2500キロカロリー以下に抑えるようにしていた。食事の中身は炭水化物を全く取らないとリバウンドがあると思い、なるべく炭水化物を少なくしつつも食すように注意していた。社食などはカロリー計算されていたため、朝食夕食をコンビニで買うようにし、ラベルに記載されたカロリー量のみを注意していた。間食はなるべく取らないこととしたが、食べたい時は魚肉ソーセージ等を食していた。

42歳女性 ミノリさんの食事
13kgのダイエットに成功

朝は空腹で起きるのですが、血糖値の上昇を抑えるためにまずお白湯を飲んで胃腸を起こし、その後前日に作っておいた野菜サラダにアマニ油と岩塩を少しかけて食べていました。お昼は会社にお弁当を自作していましたが、中身は蒸し野菜や茹で卵など油を抑えた物にしていました。また夜は早めに食べていたのですが、海藻サラダや豆腐やささみなどタンパク質も取り入れたメニューで食べていましたが、ストレスもかなりあったので糖質オフのデザートをたまにご褒美として食べていました。

16歳女性 りんりんさんの食事
18kgのダイエットに成功

とにかく16時間は何も食べない。揚げ物や甘いものを控えて野菜をたくさん食べるようにした。お腹が空いたら水を飲んで空腹を紛らわせていた。朝は食べず、昼はおにぎりのみ、夜に野菜、玄米、味噌汁、魚を食べていた。間食はストレスで口にすることができなかった。太りそうなものはストレスで口にすることができなかった。目標は、少し痩せすぎなくらいまで痩せるしかないと当時思っていた。カロリーは特に計算しておらず、痩せると言われている食べ物を食べていた。

1ヶ月で15キロ痩せる運動

つづいて運動についてです。
1ヶ月で15キロ痩せることを目標とする場合、もともとの体重にもよりますが、 ほとんどの方にとっては、かなりのハードメニューになります。

運動については、以下3つを確認していきます。

  • 1ヶ月で15キロ痩せるための運動メニュー例
  • ダイエット成功者のリアルな運動メニューについて(当サイトでアンケートを実施)

1ヶ月で15キロ痩せるための具体的運動メニュー

上記カロリーを消費するための具体的な運動メニュー例を見てみましょう。

体重が重い人ほど、水分量や排便量、老廃物で落とせる体重が増えるため、運動で消費すべきカロリーは少なくなります。

男性が1ヶ月で15キロ痩せるための運動メニュー例

運動メニュー 体重50kgの場合 体重70kgの場合 体重90kgの場合 体重110kgの場合
ウォーキング
(4km/h:普通)
13時間19分 7時間58分 4時間59分 3時間6分
ウォーキング
(5.6km/h:速め)
9時間17分 5時間33分 3時間29分 2時間10分
ランニング
(8km/h:普通)
4時間59分 2時間59分 1時間52分 1時間9分
ランニング
(10km/h:速め)
3時間59分 2時間23分 1時間29分 55分
水泳 4時間48分 2時間52分 1時間48分 1時間7分
縄跳び
(普通:100-120回/m)
3時間23分 2時間1分 1時間16分 47分
サイクリング 4時間59分 2時間59分 1時間52分 1時間9分
筋トレ全般
腕立て伏せ・腹筋・背筋・スクワット等
10時間30分 6時間17分 3時間56分 2時間27分
ダンス 4時間26分 2時間39分 1時間39分 1時間2分
HIIT 4時間59分 2時間59分 1時間52分 1時間9分

女性が1ヶ月で15キロ痩せるための運動メニュー例

運動メニュー 体重50kgの場合 体重70kgの場合 体重90kgの場合 体重110kgの場合
ウォーキング
(4km/h:普通)
14時間18分 8時間40分 5時間33分 3時間33分
ウォーキング
(5.6km/h:速め)
9時間59分 6時間3分 3時間52分 2時間29分
ランニング
(8km/h:普通)
5時間22分 3時間15分 2時間4分 1時間20分
ランニング
(10km/h:速め)
4時間17分 2時間36分 1時間39分 1時間4分
水泳 5時間10分 3時間8分 2時間0分 1時間17分
縄跳び
(普通:100-120回/m)
3時間38分 2時間12分 1時間24分 54分
サイクリング 5時間22分 3時間15分 2時間4分 1時間20分
筋トレ全般
腕立て伏せ・腹筋・背筋・スクワット等
11時間18分 6時間51分 4時間22分 2時間48分
ダンス 4時間46分 2時間53分 1時間51分 1時間11分
HIIT 5時間22分 3時間15分 2時間4分 1時間20分

特に体重が比較的軽い方にとっては、現実的にほぼ不可能なハードメニューとなりますので、くれぐれも無理しないようにしましょう。

ダイエット成功者のリアルな運動メニューについて

ここからは実際にダイエットに成功した方々のリアルな運動メニューを 教えていただきましたので、ご紹介いたします。

52歳男性 うしさんの運動
15kgのダイエットに成功

仕事の関係上、運動する時間を大きく増やすことが出来なかったため基本的に食事制限のみでダイエットした。ただし、週に1度のエクササイズでは汗をたっぷりかくほどのワークアウト。犬の散歩はアップダウンのあるコースを選ぶようにした。長時間の散歩をするときはいつもとは違う散歩コースを選ぶようにして意識的に長距離歩くようにした。手首にfitbitを巻き、歩数やエネルギー消費量の目安をある程度決め、極端に少ないと感じた日はなるべく午後も散歩するなど調整をした。

27歳男性 ぐちおさんの運動
16kgのダイエットに成功

普段の運動量は通勤時の徒歩に加えて、水曜日と土日にジムへ筋トレに通い、ランニングも行うようにした。筋トレは体幹トレーニングと、偏らないように全体的に筋トレをするように心がけた。またランニング前に必ず筋トレをおこなうこととし、ランニングの効果を高めるように注意した。ランニングは距離よりも時間を考慮して、必ず20分以上走ることとした。また時間が取れる時はジムに併設されていたプールで泳ぐこともあったが、主な有酸素運動はランニングである。

42歳女性 ミノリさんの運動
13kgのダイエットに成功

朝は普段よりも1時間早く起きるようになり、30分かけて近所をウォーキングしていました。さらに帰宅後はヨガに1時間かけてしっかり身体を動かす事を意識した事でリンパの流れも良くなったのか体調も整ってきました。また休日も以前はゴロゴロ過ごしていたのですが、山歩きが趣味の友人に連れられ登山を始めたので足腰は筋トレのようにかなり鍛えられました。じっと座っている時間がとても長かったのでダイエット中はかなりアクティブに過ごしていました。

16歳女性 りんりんさんの運動
18kgのダイエットに成功

1日30分から40分は運動していた。バレーボールが好きだったので友達や兄弟と一緒に遊んでいた。週6日30分は最低でもやっていた。目標は特になく、飽きるまで遊んでいた。ハイキューにハマっていたため、出てくる主人公の真似をして遊んでいた。消費カロリーは計算していなかった。本で、運動のカロリーは消費カロリーの約4割ほどしかなく、基礎代謝は約6割だという本を読んでいたため、運動はストレス発散程度に考えていた。

とにかくむくみを取り去ることが大切

上記の運動時間を見て現実的に実行できる人はほとんどいませんが、 短期間で大幅に体重を減らすためには、とにかくむくみを摂ることが最重要です。 カロリー消費量は参考までにしたほうが良いでしょう。脂肪で減らせる体重には限界があります。 すでに紹介した食事内容に加えて、運動によって身体の水分を適正に戻す心がけが大切になります。過剰な脱水は非常に危険ですので、あくまでも適切な水分量に戻すという点に注意してください。

ここまでの内容を見て、ダイエット期間や目標減量体重を変更したほうがいいかもしれない と考えた人は、関連ページも参考にされてください。

体重ごとのダイエット方法・見た目の変化

体重ごとダイエット・見た目の変化を検索
から
期間×減量体重のダイエット方法
あなただけのダイエット計画を作る!
25
140
45
0
家の中でもほとんど動かず何もしない。
---
kcal
2.目標体重とダイエット期間を決める!
35
--
1
0
---
kcal
---
kcal
品目量の目安
ごはん(1膳160g)---
---
食パン(6枚切り)---
ラーメン---
ポテチ(1袋60gMサイズ)---
板チョコ(70g)---
カップアイス(200ml)---
---
kcal
種目目安
ウォーキング---
ジョギング---
水泳---
縄跳び---
ダンス---

※総消費カロリーは国立健康栄養研究所の式を利用しています。

※人によって栄養の吸収量や消費カロリーには差があり、上記計算値は厚生労働省の値から産出される理論上の値です。

※減量予想は、脂肪量だけを考慮したものであり、水分量の変化については計算に含まれていません。

年代に特化した内容で見たい方はこちらをごらんください↓