1週間で10キロ痩せたい人に知ってほしい食事と運動の現実的なダイエットメニュー
funcity

信頼性検証済みページ

このページは信頼性の高い行政・公共機関、論文の情報をもとに構成されたダイエット情報を掲載しています。

このページは、funcityダイエット情報編集部によって情報元を詳細にチェックし、不明確さや間違いを排除しているページです。 行政・公共機関、論文以外の情報を引用している場合は、その信用性をチェックし、引用の可否を検証しています。

1週間で10キロ痩せたい人に知ってほしい食事と運動の現実的なダイエットメニュー

今回の記事では、1週間で10キロ痩せたい人のためにどの程度の食事制限と運動が必要かを解説していきます、 1週間で10キロ痩せるためには、壮絶なダイエットが必要です。 またもともとの体重によって1週間で10キロ痩せられる人と、痩せらない人がいますのでご確認ください。

1週間で10キロ痩せるために必要な運動と食事制限とは

脂肪だけで1週間で10キロ痩せるには、 理論上一日約10,285kcalを食事制限で摂取カロリーを少なくするか、 運動で消費する必要があります。

一日10,285kcalというカロリーはかなりの肥満の人でも、 現実的に消費するのがほぼ不可能なカロリーです。

ただ仮に体重が174キロ以上ある場合は、以下のような取り組みをすることで 1週間で10キロ痩せることは可能です。

  • 基礎代謝を大きく下回るような食事制限(ほぼ食事なし)
  • ボクサー並みの水抜き(4%以上の水分を抜く)
  • 1日2時間以上の激しい運動
  • 胃腸内全ての食べかす、便をきれいに排せつする

ただお世辞にも現実的なメニューとは言えません。

174キロ未満の方は、上記のような過激なメニューを実行したとしても、 1週間で10キロという目標を達成することは不可能です。

体重を落とすどころか、体調不良や病気を引き起こす原因になってしまいます。

1週間で10キロ痩せたという人はどうやって痩せている?

ネット上でもし1週間で10キロ痩せたという人を見つけた場合は次のことが考えられます。

1週間で10キロ痩せた人がいる理由①ダイエット前に大量の水を飲んでいる

ダイエット前に相当の水分を摂取している場合は、摂取した水の分だけ汗をかいたり、尿で排泄したりして、 1週間で10キロ痩せることがありますが、これは「ダイエットできた」とは言えません。 商売目的の商売ダイエットですので、信憑性の低い情報といえます。

1週間で10キロ痩せた人がいる理由②体重測定のタイミングがバラバラ

もう一つ考えられる可能性としては、体重測定のタイミングがバラバラだということです。 平均的な体重の女性であっても、一日に食事や排便で2キロ以上変動することはざらであり、かなり多く食事をしたり、 水を大量に摂取したりすれば、それだけ体重も増えます。ダイエット前後の体重測定のタイミングがバラバラだと 1週間で10キロ痩せたと錯覚することもあり得ます。

ただこれもダイエットとは言えません。かなりの肥満の方でも1週間で10キロ痩せるということは、 ほぼ無理だということを認識して、現実的なダイエットを行うのが得策でしょう。

期間を変えることで10キロ痩せることは十分可能

1週間で10キロ痩せるのは一日当たり10,285キロカロリーという膨大な量のカロリーを 消費しなければならないため、全く現実的ではありませんが、もう少しダイエット期間を長くとることで、10キロのダイエットは 十分に可能です。

以下のリンクから10キロ痩せるための現実的で確実なメニューを確認しましょう。

体重ごとダイエット・見た目の変化を検索
から
期間×減量体重のダイエット方法
あなただけのダイエット計画を作る!
25
140
45
0
家の中でもほとんど動かず何もしない。
---
kcal
2.目標体重とダイエット期間を決める!
35
--
1
0
---
kcal
---
kcal
品目量の目安
ごはん(1膳160g)---
---
食パン(6枚切り)---
ラーメン---
ポテチ(1袋60gMサイズ)---
板チョコ(70g)---
カップアイス(200ml)---
---
kcal
種目目安
ウォーキング---
ジョギング---
水泳---
縄跳び---
ダンス---

※総消費カロリーは国立健康栄養研究所の式を利用しています。

※人によって栄養の吸収量や消費カロリーには差があり、上記計算値は厚生労働省の値から産出される理論上の値です。

※減量予想は、脂肪量だけを考慮したものであり、水分量の変化については計算に含まれていません。

年代に特化した内容で見たい方はこちらをごらんください↓