期間×減量体重のダイエット方法

禁酒で痩せる!なぜ痩せるのか・痩せるまでの期間を解説


いろんなダイエット方法がありますが、禁酒をするという人も多いですね。


結論から言ってしまえば、禁酒に成功するとダイエット効果があり、痩せていくことができます。


私自身も昔は毎日のようにお酒を飲んでいましたが、今はすっかり飲まなくなりました。飲んでも1ヵ月に1回ぐらい。私の場合は、仕事が変わったことをきっかけに飲まなくなったのですが、本当に健康になりましたし、体重も減りました。何より毎日のだるさがなくなりました。


今回の記事では、

  • 禁酒すると痩せるのはなぜか
  • 禁酒で痩せるまでの期間
  • 男女別禁酒の効果


この三点をシンプルに解説していきます。


やっぱり禁酒はしたくない!と思った方はこちらの記事もご参照ください。酒量やその前後に気を付けることによって、お酒を飲んでいていも、その影響を最小限に抑えることが可能です。




禁酒するとなぜ痩せるのか

禁酒すると何となく痩せそうな感じがしますが、具体的にはどのような理由でやせていくのでしょうか。

禁酒で痩せる理由は5つあります。めちゃくちゃ明白な理由があるんです。


これを読むと、禁酒がなぜ痩せるのかスッキリわかります。


  • お酒とおつまみ系のカロリー減少
  • 腸内環境の正常化
  • アルコール代謝が脂肪燃焼を阻害する
  • むくみ改善による見た目の変化
  • 睡眠の安定・体内リズムの正常化


お酒とおつまみのカロリー減少

まず一つ目の理由はお酒とおつまみのカロリー減少ですね。お酒を飲むのはたいてい夜であり、日中よりもカロリーの吸収が高い状態となっています。


そのタイミングでお酒を飲みながら、脂っこいもの、塩辛いもの(対低カロリーが高い)を食べているわけです。禁酒をすると、このカロリーの高い食事をしなくなるわけですから、単純に一日のカロリー摂取量が減ることになります。


腸内環境の正常化

これは過度にお酒を飲んでいる人に該当する理由ですが、禁酒をすることによって腸内環境が正常化することがあります。過度な飲酒は腸内フローラが悪化することが分かっています。腸内フローラとは腸内に存在する細菌群のことで、腸内の細菌のバランスが崩れることで、食物の代謝に影響し、栄養の吸収と、排せつの両方が機能不全となり、結果として体重が増えてしまいます。


腸内細菌のバランスが崩れると腸の基礎代謝も低下します。内臓の代謝は筋肉の代謝を上回っているのはご存知ですか?


日々の基礎代謝に大きな割合を占める内臓の代謝が下がることによって、太りやすい身体となってしまいます。


禁酒をするとこの状況が改善されるわけです。


アルコール代謝がなくなり脂肪燃焼量が増加する

アルコールを摂取しなくなることによって、脂肪燃焼量が増加します。アルコールを摂取すると、肝臓で代謝されるわけですが、この間脂肪の分解は阻害されます。また、アルコール自体もエネルギーと脂肪酸に分解されるので、単純にアルコールが脂肪になってしまうということなんです。

つまり、アルコールによって、

  • おつまみ系などが脂肪に変わりやすくなる
  • アルコール自体も脂肪となる

ということです。

アルコールを摂取しなくなることによって、アルコール代謝をすることがなくなり、食事が通常通りエネルギーとして燃焼させるようになるため、同じ食事をとっていても痩せやすくなるということですね。


むくみ改善による見た目の変化

脂肪や代謝の改善以外にも、禁酒は見た目に大きな変化を起こします。アルコールを摂取すると分解するために大量の水分を必要とします。水はたくさん飲めないのに、アルコールがたくさん飲めてしまう理由ですね。

アルコールを摂取した身体がたくさんの水分を要求してしまうため、ガンガン水分を取ってしまいますが、この時、あまってしまう水分が発生します。要求したはいいものの、今度は供給過剰になってしまうということですね。


またアルコールと一緒に摂取されるおつまみは、塩分を通常の食事よりも多く含んでおり、これもむくみの原因となるわけです。


禁酒をすると、余分な水分を摂取しなくなり、また塩分も摂取しないので、むくみ改善に一定の効果があります。


睡眠の安定・体内リズムの正常化

アルコールは睡眠と深い関係があります。

たくさんアルコールを摂取した場合には、深い睡眠を得られることがありますが、睡眠の後半に交感神経が優位になり、短時間で目覚めやすくなります。また少量のアルコールを摂取した場合には、睡眠時間が長くなるということが分かっています。


睡眠は、身体の代謝の仕組みと深い関係があります。安定した睡眠は、代謝を司るコルチゾールというホルモンのリズムを安定させ、正しくエネルギーの消費・吸収を促進します。


禁酒をすることによって、睡眠のリズムが安定し、結果的に代謝のリズムを安定させることにつながるのです。


禁酒で痩せるまでにかかる期間

習慣化していた飲酒をストップするわけですから、それなりの期間目安が知りたいですよね。

禁酒で効果がある人は、飲酒が習慣化していた人ですね。たまにお酒を飲む人が全く飲まなくなったからと言って、そこまで効果が出るわけではないでしょう。


禁酒によってどれくらいの期間で、どのくらいの効果があったのかというのを色々調べてみましたが、おおむね、

1~2ヵ月で3キロ程度です。


1~2ヵ月は決して少ない数字ではないですよね。必死にダイエットしても1~2ヵ月の期間で、3キロぐらいの減量の人はたくさんいます。


それを禁酒するだけで、効果が出るわけですから、やはり禁酒の痩せ効果・ダイエット効果はかなり高いということが言えるでしょう。


男性女性それぞれの禁酒の効果

禁酒には単純に痩せるだけでなく、その他にも効果があります。男性女性でそこまで効果が変わるわけではありませんが、効果の嬉しいポイントがちょっと違うので、それぞれ紹介していきます。


男性の禁酒効果

まず男性の禁酒効果について解説します。


エネルギッシュな行動

大量の飲酒をしていた人は禁酒をすることによって、男性ホルモンが増加します。男性ホルモン(テストステロン)はやる気やエネルギッシュな生活をするためには必要不可欠なホルモンです。この働きが正常に戻ることによって、いつもよりも活発でエネルギー溢れる生活ができるようになるでしょう。


内臓脂肪の減少

痩せる理由で、禁酒によって脂肪が燃焼されやすくなるという話をしましたが、その効果が特に現れるのは、内臓脂肪です。男性は女性よりも内臓脂肪がたまりやすいですね。このポッコリお腹いわゆるメタボの改善にも禁酒は効果を発揮するのです。


薄毛対策の効果は怪しいが・・・

これはコラム的な話になりますが、禁酒をすると髪の毛が生えるということを言っている人をたまに見かけますが、これは信ぴょう性のない話ですね。科学的な裏付けがほとんどないので、薄毛対策に禁酒を考えている人は、あまり期待しないほうがよいでしょう。


ただ、禁酒をすることによって、内臓脂肪の減少などの痩せ効果があり、結果頭皮の環境がよくなり、毛が抜けにくくなることは起こりうると思います。


メインの効果ではありませんが、痩せたその先に、「もしかしたら薄毛対策になるかも!?」というぐらいに思っておいた方がよさそうです。


女性の禁酒効果

続いて女性が禁酒した場合の効果についてです。

酒豪的な女性もいますが、アルコールはそこまで女性にはよくないですね。痩せ効果以外にも女性にとって嬉しい、そして重要な効果があります。


女性ホルモンの増加

男性ホルモンと同様、女性ホルモンも増加します。過度な飲酒を続けていた場合女性ホルモンが低下し、生理不順になってしまうケースもあるのだそうです。

禁酒をしてアルコール摂取がなくなると、女性ホルモンが回復し、女性らしいきめの細かいお肌や、女性らしい美しいボディーラインが戻ってきます。


むくみの改善による顔痩せ・脚痩せ

これはなぜ痩せるのかの解説でもお話しましたが、禁酒することでむくみは確実に改善します。そしてその効果は水の溜まりやすい脚、むくみの変化が分かりやすい顔に出ます。禁酒の痩せる効果よりも、むくみ改善効果の方が、見た目に大きな変化を起こすことができることもあるでしょう。


最近肌がたるんできた、体重以上に見た目が太っているそんな人は、むくみが原因ということも大いにあり得ます。


むくみ改善効果は痩せ効果よりも早く結果が出るので、ぜひトライしてみてほしいことですね。


乳がんリスクの低下

女性は女性ホルモンの影響によって、男性に比べてアルコール耐性が低いですが、がんのリスクもまた女性の方が高くなります。

女性は毎日ビール一缶のアルコール(14g)を摂取するだけで、乳がんリスクが13%上昇するという研究結果があります。これは結構怖い研究結果ですよね。

女性にとってアルコールはあまり良い方向に働くものではないということを認識しておきましょう。


禁酒が厳しい人はまず量を調整しよう

様々な事情で禁酒が厳しいという人もいるでしょう。そういう人は、まず摂取量を少なくすることから始めてもよいと思います。お酒が大好きな人も同様に、できるだけアルコール摂取量を少なくするに越したことはありません。


アルコール濃度の階段をやめる

居酒屋で飲む場合、特に男性はアルコール濃度を徐々に上げていく傾向にあります。ビール⇒日本酒⇒焼酎⇒ウイスキーなど、だんだん酔ってきて少々のアルコールでは飲んでいる感じがしなくなってくるでしょう。


しかしそこは我慢のしどころです。


ぐびぐびいきたくなってしまいますが、まずは一杯のペースを抑えることが大切です。「ぐびぐびぐび!」といきたいところですが「ぐび」で止めるように心がけると、アルコールの摂取ペースを大幅に下げることができますよ。


飲む回数を徐々に減らす

いきなりゼロにしなくても、徐々に少なくしていくのも一つの手ですね。毎日飲んでいたものを2日に1回にする。5日に1回にする。週末だけにする。二週間に1回にする。


いきなり禁酒するよりも、徐々にお酒の量を減らしてくことで、自然とアルコール摂取量を適切な量にすることがでいます。


禁酒で痩せる!まとめ

いかがだったでしょうか。

禁酒には明確なダイエット効果があります。飲酒が習慣化している人は、必ず結果をだすことができるでしょう。


お酒が大好きで、飲まなきゃやってられないという人は、まずは量を減らすことから始めましょう。そこがスタートです。焦る必要はありません。


目標は過剰な飲酒習慣をなくすことです。一歩一歩着実にトライしていきましょう。


ダイエット関連ツール
当サイトでは無料で使えるダイエット高性能ツールをご用意しております。自分の身体やダイエットのことを正しく知りましょう。
下のリンクからご覧の各ツールを確認できます。
  • 目標摂取カロリー計算ツール
  • 目標消費カロリー計算ツール
  • PFCバランス計算ツール
  • 運動の消費カロリー計算ツール
  • 体脂肪率・体脂肪量計算ツール
  • BMI計算ツール
  • 基礎代謝計算ツール
  • 身長・体重ごと体型平均データ
  • 運動・食べ物カロリーデータ