ウィダーインゼリーダイエットは体に悪い!デメリットのみ!腹持ちも悪く太る身体に

ウィダーインゼリーダイエットは体に悪い!デメリットのみ!腹持ちも悪く太る身体に
Attention
当サイトのダイエット情報は、信頼性の高い機関の提供する情報をもとに記事作成にあたっています。

医療関係者・パーソナルトレーナー・管理栄養士などの専門家による情報であっても、根拠が曖昧な場合は、独自に信憑性を調査しています。

抽象的な表現を避け、読者の皆様に分かりやすく具体的で正確な情報を提供することに努めています。


ウィダーインゼリーは短時間で必要性最低限のエネルギーやビタミン・ミネラルを補える商品として人気ですが、ダイエットに活用している人も多いようです。


しかしウィダーインゼリーは素早くエネルギーや栄養を補給するための食品であり、基本的にダイエットには向いていません。むしろデメリットしかないと言っても過言ではありません。ダイエット中の人にとっては「体に悪い」と言い切ってもいいぐらいです。太る身体に近づきます。


ダイエット中の低カロリー食品として食事代わりとしている方は今すぐやめましょう。見た目の体重は落ちているかもしれませんが、確実にリバウンドし、今よりも太ることは間違いないでしょう。


今回の記事では、

  • ウィダーインゼリーの栄養やカロリー
  • ウィダーインゼリーはまったくダイエットに効果がない。ほぼデメリット。
  • 夜だけ置き換えもダイエットにマイナス効果
  • ウィダーインゼリーだけダイエットは危険レベル
  • ウィダーインゼリーをダイエットに活用する方法は一つだけ。


という内容でウィダーインゼリーダイエットについて詳しく解説していきます。


ウィダーインゼリーの栄養やカロリー

冒頭、ウィダーインゼリーがダイエットに効果がない、むしろデメリットの方が多く、太る身体に近づくということを書きましたが、そのことは三大栄養素や原材料を見ればすぐにわかります。


※数値はウィダーインゼリー全てのラインナップの最低値と最高値

※カロリーがゼロなのは、マルチビタミンカロリーゼロタイプのみ

※180mlあたり

  • カロリー:0~180kcal
  • タンパク質:0~15g
  • 脂質:0~0.8g
  • 炭水化物:0~45g
  • 糖質:0~45g
  • 食物繊維:0g


最大栄養素を見ると一見カロリーが低くて、ダイエットに効果的なんじゃないか!太る要素はどこにもないと思う人もいるかと思いますが、問題はそのカロリーの元とのなる原材料に太る原因が隠されているのです。


ウィダーのカロリーのほとんどは、炭水化物によるものであり、そのほとんどが単糖類である果糖ブドウ糖液糖や砂糖です。最も太る原因となる栄養素です。


単糖類は、速やかに身体に吸収され血糖値を急上昇させます。血糖値が急上昇すると、脂肪がつきやすくなり、かつインスリンの過剰分泌によって血糖値が急降下。その後「だるさ」や「眠気」を引き起こす原因になります。

また体が血糖値を再び上昇させるため食べ物を欲し、お腹が空きやすくなります。果糖ブドウ糖液糖などの単糖類はダイエットにおいてデメリットしかないんです。


ウィダーインゼリー自体はカロリーが低いので、それだけでは太る原因とはならないという解説のサイトはいくつもありますが、これは楽観視しすぎです。ウィダーインゼリーを飲んだ結果として、そのほかの食事量が多くなったり、太る原因をたくさん作ってしまうんです。


ウィダーインゼリーはコーラを飲んでいるのと変わらない糖質量

ここまで言っている意味はコーラと比較すればよく分かります。三大栄養素の観点からすると、ウィダーを飲むこととコーラを飲むことはほとんど変わらないと言ってもいいですね。


<コーラのカロリー>

※180mlあたり

※()内は、ウィダーインゼリーエネルギーの数字

  • カロリー:81kcal(180kcal)
  • タンパク質:0g(0g)
  • 脂質:0g(0g)
  • 炭水化物:20.3g(45g)
  • 糖質:20.3g(45g)
  • 食物繊維:0g(0g)


ウィダーインゼリーの糖質量を見れば、むしろウィダーインゼリーの方がダイエットに悪影響を及ぼすと言ってもいいでしょう。健康的なイメージがあるので飲み過ぎる人がいますが、ウィダーインゼリーを2つ以上食べると、コーラ500ml以上を毎日飲んでいるのと変わりません。


コーラを毎日500ml飲んでいるんだけど痩せない!と言っている人がいたらあなたはどう思いますか?コーラの飲み過ぎだから痩せるわけないだろ?と言う人が大半だと思います。


ウィダーインゼリーにダイエット効果はない!ほぼデメリット

ダイエット中だけど、ちょっと小腹が空いたときにウィダーインゼリーなら低カロリーだからOKでしょ?と思っている人が多いようですが、全然よくありません。むしろデメリットしかありません。


ウィダーインゼリーは素早くカロリーを摂取するための商品であり、太る要素はあっても痩せる要素は全くありません。


ダイエット中の朝ごはん ウィダーインゼリーだけはやめた方がほうがいい

「朝は時間がないから、ウィダーインゼリーだけ。ダイエット中だけど、カロリーが低いから大丈夫!何も食べないよりはいいよね!」と思っている人が多いようですが、これは間違いです。


ウィダーインゼリーのエネルギー源は果糖ブドウ糖液糖とよばれる単糖類。即座に血糖値を爆上げしてしまいます。


また腹持ちもよくありません。


ウィダーインゼリーを飲んでもすぐにお腹が減ってしまいますし、単糖類で血糖値が乱高下しているので、次の食事でたくさん食べたくなってしまいます。


確かに朝に何も食べないことは血糖値のリズムを乱すことになりますが、ウィダーインゼリーを飲む時間があるなら、おにぎりを食べたほうがダイエットに効果的です。


おにぎりの糖質は多糖類という分解されにくい糖質であり、吸収までに5~6時間かかります。そのため血糖値の上下が緩やかです。

ウィダーインゼリーを食べるよりも腹持ちがよく、次の食事で大きな食欲を呼び起こすこともありません。カロリーも全て200kcal程度かそれ以下です。


おにぎりとウィダーインゼリーを比較した場合、ウィダーインゼリーには素早く食べられるということ以外にデメリットしかなく、メリットは何一つありません。


朝ごはんを10秒以内に食べないといけないという状況でない限り、ダイエット中はむしろ避けるべき食品なんです。


ダイエット中の昼ごはん ウィダーインゼリーだけは最悪

昼ごはんの時間がなくてウィダーインゼリーだけという人もいますが、これもダイエットにおいては最悪です。確実に太る身体に近づきます。


通常の昼ごはんならば、食事の際にDIT(食事誘発性熱産生)という食事の際に発生する消費カロリーがありますが、ウィダーインゼリーにはこのDITがほとんどありません。昼ごはんをウィダーインゼリーだけにすることによって、一日の消費カロリーが少なくなってしまうんです。


先ほども言ったように腹持ちも良くないので、食後1~2時間にはまたお腹が減ってしまいます。そもそもお腹を満たした感覚を得られる人はほとんどいないかもしれませんね。


昼ごはんの時間を確保できる人は、確実に普通の食事をとったほうがダイエットに効果的です。


タンパク質・炭水化物(糖質)・脂質をバランスよく摂取する定食メニューであれば、どんなものでもウィダーインゼリーよりダイエットに効果的です。


時間のない人は、朝と同様にウィダーインゼリーではなくおにぎりを食べるようにしましょう。


夕食のウィダーインゼリー置き換えもやめたほうがいい

夕食をウィダーインゼリーと置き換えればダイエットに効果的!と言っているサイトやブログは多いですし、実際その情報を鵜呑みにして実践している人もいるようですが、これもダイエットに効果的ではありません。


確かに夕食をウィダーインゼリーで置き換えることによって、大幅に摂取カロリーをカットすることが可能です。


しかし、これはいつまで続くでしょうか。ほとんどの人は3日もたたずに挫折します。


3日間夕食とウィダーインゼリーを置き換えることができて実際に体重が減ったとしても、その後が地獄です。


通常の食事に戻した瞬間、一瞬で体重は元通りとなり、しかも血糖値のリズムが乱れているため、ダイエットする前より確実に太りやすい身体に変わってしまっています。

3日かけて太りやすい身体を作っただけです。


夕食のカロリーを減らすことはダイエットに有効ですが、あえてウィダーインゼリーで置き換える必要は全くありません。


ウィダーインゼリーを夕食と置き換えるということは、通常のスナック菓子やジュースで夕食を置き換えているということとほとんど変わらないんです。


腹持ちも良くないので、夜中にどうしてもお腹が空いてしまい、結果的にカロリーたっぷりの夜食を食べてしまうという結果を招いてしまう可能性もあります。


断食中の食事としてのウィダーインゼリーも最悪

断食中の必要最低限の食事として、カロリーが低いウィダーインゼリーを選択する人はいますが、これもデメリットしかありません。断食中にも関わらず血糖値を急激にあげてしまいます。断食中にコーラを飲む人がいるでしょうか。


断食の目的は身体をリフレッシュして、適切な食事量と吸収を取り戻すことです。その意味で断食中に果糖ブドウ糖液糖は最悪です。普通に断食するよりも、空腹感が強くなり、断食明けには暴飲暴食を招く原因となってしまうのです。


断食中は、ウィダーインゼリーを飲むより圧倒的にお味噌汁、十倍粥、ヨーグルトなど発酵食品や消化の良いものを中心した食事の方が向いています。用意するのが簡単だからとウィダーインゼリーを飲んでしまった場合は、断食自体の意味がほとんどなくなってしまうので、必ず避けましょう。


ウィダーインゼリーだけでダイエットするは「危険」レベル

数日間ウィダーインゼリーのみで生活したとしても健康上に問題を感じる人は少ないでしょう。しかし、ウィダーインゼリーだけでダイエットを3日以上続けると、体調に問題が発生する可能性が高くなります。

いろんな種類のウィダーインゼリーをバランスよく摂取していれば大丈夫と思っている方も多いようですが、実際には足りない栄養素がたくさんあります。


ウィダーインゼリーだけは危険①脂質不足になる

ウィダーインゼリーだけダイエットをすると、まず脂質が圧倒的に足りなくなります。一日に摂取するカロリーの20~25%を脂質で補うのが理想的とされていますが、ウィダーインゼリーのラインナップのほぼすべてが脂質0gとなっており、まったく基準に達しません。


唯一脂質が配合されているインゼリープロテイン15000でも、含有量はわずか0.8g。脂質0.8gをカロリーに直すと、およそ7.2kcal。どんなに痩せていても、一日の摂取カロリーは最低1500kcal程度は必要なので、唯一脂質を含んでいるインゼリー15000でも全く脂質が足りないということになります。


脂質が不足すると、脂溶性ビタミンA、D、E、Kも摂取が難しくなりビタミン不足にもなります。


その結果、

  • 疲れやすくなる
  • 体力の低下
  • 身体の様々な不調
  • 肌の潤いがなくなる
  • 髪の毛が抜けやすくなる


などの症状が起こり、確実に体調がおかしくなります。


ウィダーインゼリーだけは危険②食物繊維も不足する

ウィダーインゼリーの全てのラインナップで食物繊維は1gも配合されていません。一日に必要な食物繊維量は18g程度と言われていますが、ウィダーインゼリーをいくら食べても絶対にこの基準に到達することができません。


食物繊維が不足すると、

  • 腸内環境の悪化
  • 便秘
  • 栄養を身体にため込みやすくなる


ということが起きます。腸が汚れてしまうと、お腹が空きやすく、満腹になりにくいという状態にもなってしまいます。


ウィダーインゼリーだけは危険③タンパク質を補うのも大変

最もタンパク質量の多い、インゼリープロテイン15000でも、摂取できるタンパク質の量は15g程度。人間が一日に必要とするタンパク質量は、体重1kgあたり0.8g。

仮に体重が40kgしかなくても、32gのタンパク質が必要であり、ウィダーインゼリープロテイン15000をもってしても一日の摂取量には及びません。どんなにもともとの体重が軽くても最低2~3個はウィダーインゼリープロテイン15000を食べなければ足りないということになります。

70kg以上体重がある人なら、一日最低5~6個以上。まったく現実的な数字でないことが分かります。


ウィダーインゼリーだけは危険④ミネラルも足りない

ウィダーインゼリーには鉄分などのミネラルを補うタイプのものがありますが、これを飲んでいても一日分に必要なミネラルは全く足りていません。

例えば、ウィダーインゼリーマルチミネラルに含まれる鉄の量は2.3mgですが、これは一日に必要な鉄分量の3分の1以下です。十分なミネラルを補充するためには、最低でも一日3個のマルチミネラルを飲まないと間に合いません。


マルチビタミン(カロリーゼロ)だけはダイエットにおすすめできる


ここまで解説してきたように、ウィダーインゼリーは基本的にダイエットに効果的な商品ではありませんが、実はたった一つだけダイエットにおすすめできるラインナップがあります。


それはマルチビタミンのカロリーゼロタイプです。

この商品だけは、唯一果糖ブドウ糖液糖や砂糖が含まれておらず、代わりに吸収されないタイプの糖であるエリスリトールという糖質が使われています。


タンパク質、脂質、炭水化物が全てゼロですが、一日に必要なビタミン類はほぼすべて補うことが可能です。


ウィダーマルチビタミンカロリーゼロをダイエットに効果的に活用するためには、以下の方法がおすすめです。


  • 朝食と一緒に食べる
  • 間食として食べる


①朝食と一緒にウィダーを飲む

朝食のタイミングでマルチビタミンカロリーゼロを飲むことによって、一日に必要なビタミンを補うことが可能です。特にダイエット中は食事量が減っているので、ビタミン類も不足している傾向にあります。


エネルギーが代謝されるためには、ビタミンが必須です。

食事制限をしていてもウィダーでビタミンを補うことによって、エネルギー代謝効率を維持することが可能になります。

カロリーゼロなので余計なカロリーを付加してしまう心配もありません。


ただすでに開設した通り、朝食をウィダーインゼリーだけにするメリットはほぼありません。必ず朝食+ウィダーインゼリーにしましょう。


②間食としてウィダーを飲む

マルチビタミンカロリーゼロタイプは、ダイエット中の間食として有効です。カロリーゼロなので間食として食べてももちろんノーダメージ。カロリーのあるものよりも腹持ちはありませんが、何も食べないよりは空腹が紛れます。


また夕方の間食としてウィダーインゼリーを飲むことによって、ビタミン類を適切なタイミングで再補充することができます。

ビタミンの中でもエネルギー代謝に関わる水溶性ビタミンは、身体の中で16時間しか保持されません。夕方の間食のタイミングで補充すると、24時間常にビタミンの摂取量が十分となり、エネルギー代謝レベルを維持することが可能になります。


通常の食事制限や運動を忘れずに

ウィダーの中で唯一マルチビタミンカロリーゼロだけはダイエットにおすすめできますが、これを飲んでいるだけで痩せるというレベルのものではありません。エネルギー代謝効率を上げますが、普段の摂取カロリーや運動の消費カロリーの影響に比べると微々たる効果です。


通常の食事制限や運動を重視したうえで、サポート的にウィダーを飲むというのが基本になります。


ウィダーインゼリーだけではいきていけない

ウィダーインゼリーは栄養素ごとにパッケージが分かれており、満遍なく食べれば、ウィダーインゼリーだけでも生きていけるかも!?なんてことを考えている人がいますが、そんなことは絶対にありません。ダイエット効果はなく、むしろデメリットしかありません。先ほど紹介したようにコーラを飲んでいるのと変わりません。


最後にウィダーインゼリーダイエットのおさらいです。

  • ウィダーインゼリーはダイエットに効果的な食品ではない。ほぼデメリット。三大栄養素的にはコーラとほぼ同じ。
  • エネルギーのほとんどが果糖ブドウ糖液糖で非常に太りやすい
  • 飲み過ぎは確実に太る
  • 朝食・昼食ウィダーインゼリーだけはダイエットに効果なし。むしろ太りやすい身体を作る。
  • 夜のウィダーインゼリー置き換えはカロリーカットできるが継続性が全くない。確実にリバウンドする。
  • ウィダーインゼリーマルチビタミンカロリーゼロだけは唯一ダイエットに活用可能。ただし、普通の食事を忘れない。


解説した通り、ウィダーインゼリーだけダイエットは絶対にやめましょう。一時的に痩せることは可能ですが、どんなにいろんな種類のウィダーインゼリーを食べたとしても補えない栄養素がたくさんあります。


あくまでもダイエットのサポートというレベルで利用し、時間のない場合でも、おにぎりやサンドイッチを食べるように心がけましょう。


基本的にはダイエットにデメリットしかないので、ダイエット中はなるべく控えたほうが良いでしょう。

ダイエット関連ツール
当サイトでは無料で使えるダイエット高性能ツールをご用意しております。自分の身体やダイエットのことを正しく知りましょう。
下のリンクからご覧の各ツールを確認できます。
  • 目標摂取カロリー計算ツール
  • 目標消費カロリー計算ツール
  • PFCバランス計算ツール
  • 運動の消費カロリー計算ツール
  • 体脂肪率・体脂肪量計算ツール
  • BMI計算ツール
  • 基礎代謝計算ツール
  • 身長・体重ごと体型平均データ
  • 運動・食べ物カロリーデータ